弁護士紹介


札幌弁護士会所属 田村秀樹

 

大阪府枚方市出身

高校時代までを大阪府で過ごす。

高校時代は、書道部と生徒会活動(主に、文化祭の運営)に熱中しました。

北海道大学法学部、法科大学院修了。

「困っている人を助けたい」という気持ちから弁護士を目指し、また、大学院で受講した講義をきっかけに、弁護士があまりいない地域で仕事をすることを志しました。

 

平成24年1月 札幌市内にある「弁護士法人すずらん基金法律事務所」に入所

北海道内の「司法過疎地」で活動する弁護士を育てる事務所です。2年半、みっちり指導を受け、司法過疎地で仕事をする準備を整えました。

 

平成26年8月 オホーツク紋別市にある「紋別ひまわり基金法律事務所」6代目所長就任

全国の司法過疎地に設置されているのが、この「ひまわり基金法律事務所」です。

4年間の任期中、弁護士へのアクセスが難しい地域において、地域のニーズに応えるべく、オホーツク管内を駆け回りました。

この間、年間200件以上の相談をお受けし、また、各種機関の委員に選任されるなど、弁護士としての経験を積ませていただきました。

 

平成30年10月 「岩見沢ななほし法律事務所」開設

紋別での経験を、同じように弁護士過疎地域である空知地域においても活かしたいと考え、この岩見沢の地に法律事務所を構えました。

現在の役職

・札幌弁護士会 地域司法対策委員会 委員

・札幌弁護士会 刑事弁護センター運営委員会 副委員長

・日本弁護士連合会 公設事務所・法律相談センター 幹事

・猿払村成年後見支援センター運営協議会 副会長

・NPO法人 道東救急医療研究会 理事

・NPO法人 紋別セーフティーネット 理事

過去の役職

・紋別市成年後見センター設立準備委員会 委員

・紋別市虐待防止ネットワーク 委員

・紋別市要保護児童対策地域協議会 委員

・紋別市消費者被害防止ネットワーク 委員

・紋別地区被害者支援連絡協議会 委員

・広域紋別病院困難事例検討委員会 委員

・雄武町地域包括ケア会議 委員

主な著書等

・紋別市内のフリーペーパー「ホワイトペッパー」にリーガルコラムを連載

・雄武町広報に「なるほど!暮らしの法律相談」と題するコラムを掲載

・近代消防2018年9月号

「希少事案への対応~オホーツク地域の周産期教育~⑦ 法律的視点からみた緊急時の分娩支援方法」

・枝幸町内放映のケーブルテレビ(EOS)「暮らしの中の身近な法律相談」番組に出演

その他加入団体など

・岩見沢商工会議所会員

・岩見沢4条通り商店街振興組合組合員

・岩見沢ロータリークラブ 衛星クラブ会員

趣味など

ドライブ、温泉めぐり、キャンプなど。

自然の中で体を動かすことが好きです。

お酒を飲みながら、様々な方と語らいあうことも好きです。